• HIFUウルトラセルQ+

切らないリフトアップで、たるみを解消。

こんなお悩みの方に最適です。

  • 肌のたるみ
  • 肌のしわ
  • 小じわ
  • ほうれい線
  • 二重あご
  • フェイスラインのもたつき
HIFUウルトラセルQ+のしくみ
  • item_image

  • item_image

  • item_image

    SMAS層

たるみの原因のひとつとして、SMAS層(Superficial Musculo-Aponeurotic System)と呼ばれる表情筋と連続した表在性筋膜の衰えが挙げられます。これまでSMAS層へのアプローチには外科的な手術が必要でしたが、HIFUは超音波の熱エネルギーを皮膚深層に点状に照射することによって外科手術を伴わずにSMAS層へ働きかけることが可能です。SMAS層を引き締めるのと同時に、創傷治癒過程でコラーゲンが増生されることでたるみを内側から引き上げる効果が期待できます。

また、当院で導入しているHIFUウルトラセルQ+は4つのカートリッジ(1.5mm、2mm、3mm、4.5mm)で超音波の届く深度を調整することが可能です。例えば頬やあごなどたるみが顕著な部位で4.5mmの、目元など皮膚の薄い部位には1.5mmのカートリッジを使用するなど、部位に合わせた照射を行います。
リニア
ウルトラセルQ+が点で照射するのに対し、超音波を「線状(リニア)」に照射することで脂肪除去に特化した新カートリッジです。HIFUをやや低温の58度で線状照射することで、約6倍もの体積に熱を加えることが可能で効率的な脂肪の融解と排出が期待できます。また、痛みもウルトラセルQ+より軽減されており、所要時間も半分程度となっています。
  • POINT HIFUウルトラセルQ+の
    魅力をさらに細かく
    • 01. 施術時間は短く、治療効果は長く

      ウルトラセルQ+は、照射スピードが非常に速いことが特徴です。最短20分程度の短時間で顔全体への施術が完了するため、時間のない方にもおすすめの施術です。また治療効果が長く続くことも特徴で、施術後2〜3ヶ月でもっとも効果を感じやすくなり、半年〜1年程度持続します。

    • 02. 痛みが少なく、ダウンタイムもほとんどない

      たるみ治療は痛みが気になりますが、HIFUウルトラセルQ+は痛みが軽減されているため施術を受けやすくなっています。皮膚を傷つけないためダウンタイムがほとんどなく、施術後すぐのメイクも可能です。

    • 03. 複数回の施術で、さらなる効果実感

      HIFUは1回の施術でも効果を実感しやすい治療ですが、ウルトラセルQ+は半年に1回程度、リニアは2週間に1回の施術を3回ほどお受けいただくことで、より効果を高く実感することができます。

FLOW

予約の流れ

  • STEP1
    カウンセリング
    カウンセリング

    お悩みの部位などについて丁寧にお話を伺います。

  • STEP2
    洗顔
    洗顔

    洗顔してメイクを落としていただきます。

  • STEP3
    照射(ウルトラセルQ+:20〜40分 リニア:15〜20分)
    照射(ウルトラセルQ+:20〜40分 リニア:15〜20分)

    ジェルを塗布して超音波を照射します。

  • STEP4
    拭き取り・クーリング
    拭き取り・クーリング

    ジェルを拭き取り、終了です。

HIFUウルトラセルQ+のリスク・注意事項

  • 効果には個人差があり、部位によっては際立った効果が見られないことがあります。
  • 治療後、赤みや腫れ、色素沈着、熱傷、出血斑が生じることもあります。赤みが数日続いている場合、軟膏を処方しますので、数日間塗布してください。赤みは3日程度(個人差により前後1日)、腫れは2日程度で引きます。
  • 治療の経過により、発赤・水泡・痂皮を形成した場合は、必要な処置を施しますので当院にご連絡くだ さい。
  • 個人差により稀にわずかな隆起が気になる場合がありますが、時間経過とともに消退してきます。
  • 治療後は肌がデリケートになっていますので、十分な保湿と紫外線対策を行ってください。
  • HIFUによる治療は1回の施術で十分な効果が得られますが、複数回の治療を継続することにより、一層の効果が期待できます。
  • 以下の方は施術をお控えください
    -施術部位に大きなほくろやできたての傷、皮膚疾患、炎症のある方
    -施術部位に金属プレートやシリコン、金の糸などを埋め込んでいる方
    - ペースメーカーや埋込式除細動器を使用中の方
    -光過敏の副作用を持つ薬を内服されている方、光アレルギー、てんかんのある方
    -重度の糖尿病、悪性腫瘍、心疾患、出血性疾患、ケロイド体質がある方
    -自己免疫疾患治療中の方
    -妊娠中、授乳中の方、産後3ヶ月以内
  • この治療は国内未承認医薬品または医療機器を用いて施術を行います。
    治療に用いる医薬品および機器は当院医師の判断の元、個人輸入手続きを行ったものです。
  • 当院のULTRAcel Q+、Smastheraは国内代理店経由で購入致しました。
  • 日本国内にHIFUを機序とする審美目的の承認機はございません。(2019年1月現在)
  • 安全性に関する諸外国の情報:韓国のMFDS(旧KFDA)、ヨーロッパのCEマークの認証を取得しております。

施術当日の注意事項

  • OK
    当日の洗顔・シャワー・入浴・メイク
  • NG
    飲酒、激しい運動、サウナ、直射日光での日焼け
    エステ、マッサージ(痛みがある場合は1〜2週間避けてください)
  • ダウンタイム

    個人差はありますが、顔の熱っぽさは術後1時間程度、腫れは2日程度、赤みは3日程度で引きます。赤みが数日続いている場合、軟膏を処方しますので、数日間塗布してください。

    直後:赤みが出てヒリヒリとした痛みがある。
    1日目  :少し赤みが出る可能があります。
    3週目以降:コラーゲンが再構成され、たるみ・しわの改善、引き締めが感じられます。
BACK ALL PRICE